本文へスキップ

昭和26年創業、68年の実績、東京下町の酒専門店

電話でのお問い合わせは03-3872-4025

メールでのお問い合わせはこちら

瑞泉創業/明治20年(1887年)瑞泉酒造(株)沖縄 那覇

 かつて首里王府はその城下町だけに泡盛製造を許し、瑞泉はその琉球王朝の 焼酎職を始祖に持つ蔵。
首里城の隣で、貴重な「古酒(クース)」の伝統と誇りを受け継ぎ、古酒貯蔵量も随一を誇る。
未成年者への種類の販売はいたしておりません!
  泡盛

2019年、瑞泉「御酒」は復活20周年を迎えます。

それを記念して、試飲キャンペーンを実施致します。
無料ですので、お気軽にどうぞ!
奇跡の戦前黒麹仕込みの泡盛をお試し出来るチャンス!ぜひご来店ください。

   商品番号9314 幻の黒麹菌泡盛・瑞泉・御酒(うさき)30度
720ml 2776円(8%税込)

在庫:
数量:

奇跡的に発見された、戦前の黒麹菌で仕込まれた、幻の泡盛です。
太平洋戦争の沖縄地上戦で酒蔵の集中する首里は壊滅状態に。
酒屋ごとに長年伝えられた個性豊かな味わいの麹菌も全て絶えました。
しかし戦前に東大の坂口博士が研究用に採取してあった黒麹菌が
1998年に奇跡的に東大分子細胞生物学研究所のコレクションに
残されていました。さっそく東大で培養、分離した菌を1999年
瑞泉の蔵へ持ちかえり醸造した復刻泡盛です。
人工的に改良された現代の菌と比べてデリケートで、発見当初は酒が
できる確率は半分あるなしという状態でしたが、関係指導機関の
完全な技術指導と、熟練杜氏の昼夜問わない努力の中、奇跡的に復活し、
ブランド名「御酒」として今回発売されました。
香り良く柔らかで抜群に旨い泡盛です。

御酒復活まで
1935年 故坂口謹一郎博士が酒蔵を巡り約620株の黒麹金採取
1939年 第二次世界大戦勃発
1945年6月 沖縄戦終結、戦火で菌が全て途絶える
1945年8月 終戦
1998年6月 東京大学研究室に保存されていたのを発見
1998年12月 培養、分離完了。瑞泉麹菌60年ぶりに故郷へ
1999年6月 仕込、蒸留に成功。まぼろしの泡盛ついに復活
 泡盛
   商品番号9310 泡盛瑞泉10年古酒「瑞泉門」43度
720ml 3780円(8%税込)

在庫:
数量:

「最高の10年古酒を」をコンセプトにした古酒ブレンド師・仲里さん
入魂の作。甕にもそれぞれ個性があり、甕によって仕上がる味わいが
異なります。試行錯誤を重ねブレンドし、極上の味に仕上がったのが
この「瑞泉門」なのです。グラスの注ぐと、バニラのような上品で
甘い香りがふんわりと香り、口の含めば濃厚な旨みを感じます。
甕貯蔵ならではの独特な味わいと自然豊かな風味もあり、
チョコレートのような甘く深いコクの余韻が楽しめます。
複雑で鮮烈な香味は秘蔵古酒の最高峰。10年の歳月を感じながら、
ロックや水割り、お湯割りで、その奥深さをご堪能ください。
高級感抜群なので、焼酎好きな方へのギフトにおすすめ!
 泡盛
   商品番号9601 瑞泉原酒53度 1.8L 6480円(8%税込)
在庫:
数量:

瑞泉酒造より、驚きの『原酒 53度』が蒸留され、約3ヶ月の熟成を経て800本
限定発売されました。酒税法で単式蒸留焼酎(泡盛)のアルコール度数は
45度未満と定義されていることから、『原酒53度』は「琉球泡盛」の表示を
できず、「原料用アルコール」という味も素っ気もない表示となってしまいます。
しかし表示とは裏腹にこの『原酒53度』の風味は格別です。
泡盛同様、黒麹による全麹仕込・常圧蒸留から生まれたので、泡盛の
チョコレートやココアのような香りが湧き立ち、そのまわりを熟成浅い
アルコールの甘い香りとカスタードクリームやバターのような香りが
包み込みます。味わいはとにかくインパクト!芳醇な甘みと荒々しさが共生する
楽しさ。これだけ風味が強く、アルコール度数が高ければ 絶対に良い
熟成すること間違いなし!空壷にこのお酒を仕継ぎ用の親酒とし熟成させたり、
瓶のままで熟成させたりと、自家熟成を大いに楽しむことができます。
泡盛 
   商品番号9326 幻の黒麹菌泡盛・瑞泉35度・御酒(うさき)古酒
720ml 5400円(8%税込)

在庫:
数量:


東大で奇跡的に発見された、戦前の黒麹菌
(瑞泉菌)で醸された、「御酒」。その3年古酒がついにベールを脱ぎます。
甘さ抜群、奇跡の泡盛が復活!沖縄県外分は700本限定です。

 泡盛
   商品番号9501 泡盛・瑞泉30度「青龍」長期熟成古酒 
1.8L  2376円(8%税込)

在庫:
数量:

「青龍」は、8年以上の古酒ブレンドより、深いコクと香り、
独特の甘味とまろやかな味わいです。大変飲みやすい
本格派熟成古酒です。 
そのしっかりとした古酒の風味は泡盛ファンに根強い人気があります。
*平成18年度の泡盛鑑評会にて「青龍」が県知事賞を受賞しました。